財産の共有について

相続税についてあなたはどう思いますか?財産を共有するうえでとても大切なことです。 - 所有している財産の評価額を下げることで相続税対策をしましょう

所有している財産の評価額を下げることで相続税対策をしましょう

相続税対策に関しては土地建物をたくさん所有している地主さんの場合はキチンと考えておきたいですね。
相続税対策での常套手段で知られているのは「養子縁組を利用して税率区分をさげる方法」や「所有している財産の評価額を下げる方法」や「返済できる程度の借金を多くつくっておく方法」や「生前贈与を計画的にすることで財産そのものを少なくしておく方法」や「事前に納税資金を準備しておく方法」などが有名です。
今回は【所有している財産の評価額を下げることで相続税対策をしましょう】をテーマにお話をします。

■所有財産の評価額を下げる

土地や建物の不動産に関しては、その利用状況に応じて「財産評価基本通達」によって評価減されることがあるのですが、これを上手く利用すると相続税対策ができるのです。
hyrtdr
更地で土地を所有している地主さんの場合は典型的です。
更地をそのままにしておくのではなくて、その更地に建物を建てましょう。
そうすれば相続税評価額を大きく下げることができます。

■アパートやマンションを建てて賃貸経営する

中でもアパートやマンションを建てて人に貸すことは、賢い地主さんが行っている代表的な相続税対策の方法です。
相続税対策だけに限らず、「所得税」や「固定資産税」の節税もできるのでとても有利です。
小規模宅地などの場合は50%の評価減がされます。
さらに一定の条件をクリアした場合は「特定居住用小規模宅地」となり80%の評価減になるので節税効果は申し分ありません。
この条件に該当するようにすれば所有している土地の評価額が大きくさがります。
その結果として課税される相続税額も下がることになるのです。
相続税に関することを理解するには相続についての知識の理解が不可欠です。
相続権がなければ相続することもできませんし、相続税を気にする必要はありません。
今回は【相続権を失う欠格・廃除とは何?】かを説明しましょう。
欠格・廃除になると相続権を失い、法定遺留分も失いますが代襲相続は可能になります。
では欠格とは廃除とはどういったことなんでしょうか?

■欠格とは?

「推定相続人」は相続が開始した場合に相続人になるべき人のことを言います。
「推定相続人」は被相続人や先順位や同順位の推定相続人を死に至らしめようとした場合には相続人になることができません。
opkyudt
また脅迫や詐欺によって被相続人に遺書を書かせた場合も相続人になることができません。
そして遺言状を偽造したりする行為をした場合も相続人にはなれなくなります。
遺産を得るために犯罪行為をした人物は相続権を失いますがこれを欠格といいます。

■廃除とは?

「推定相続人」が被相続人に対し非行や虐待を行うような事例もあります。
そんな場合、被相続人はそういった行為を行う推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができますし、廃除の意志は遺言によっても伝えることができます。
※相続税のお悩みならここ⇒≪相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】≫こちらへご連絡下さい。
注意しなければならないポイントは、相続人を廃除するには必ず家庭裁判所の審判が必要であることです。
家庭裁判所へ申し出れば被相続人はいつでも日付にかかわらず廃除を取り消すことができることになっていますし、それは遺言書の中で廃除取消の意志を記載しても可能です。
相続に関することで大切な事柄になりますから、相続税を学ぶ場合にも欠格・廃除については覚えておきたいです。

Copyright(C)2015 財産の共有について All Rights Reserved.